傑作シリーズ三昧

お義母さん、女房よりずっといいよ… シリーズ作品


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


マンションの隣同士で僕達夫婦と、妻の両親が暮らしています。義母のあきさんはとても綺麗で美しくて、いまだ一緒にご飯食べてる時にドキドキしてしまいます。だからでしょうか、妻とは最近行為をしていなくて、妻は子供が欲しいので、したいんでしょうが、僕の方がどうも…。そんな折、義父が仕事中に怪我をしてしまい、一緒に働く義父の弟が抱えて帰宅してきました。そこで義父が飲んでいる精力剤を見つけ、義父から色々聴きだすと、欲求不満気味なあきさんと半ば強引に行為をしていたのです。たまたまその現場を目撃した僕は、荷物を届けに隣へ。こたつで寝ているあきさんを見た瞬間、義父の弟との行為を思い出し、少しなら触ってもいいかと思い、触りました。目が覚めたあきさんに覆いかぶさる様に抱きつくと、今までの思いをあきさんに伝えました。それから、僕は妻の目を盗みあきさんとの行為に耽りました。しかしこんな関係が妻にバレないはずはなく…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦の元へ久方振りに現れた義母は今日も変わらず妖艶だった。最近夜の営みが女房とご無沙汰な旦那は無意識に義母の下着で自慰を行なっていると…。娘の目を盗み禁断の悦楽から逃れられず…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


久しぶりに義母が我が家に遊びに来るというので、その前にと妻に行為を誘ったが、いつものように断られた。ここ数ヶ月レスが続き私の欲求は爆発しそうだった。そして義母が遊びに来た。前から綺麗な人だと思っていたが、相変わらず美しく私は見惚れてしまった。その日の夜、酔った妻に興奮し、しようとしたが拒否られ不貞腐れた私…どうも悶々が治らない私は洗濯カゴにあった義母の下着で自慰をしてしまい、しかも義母に見つかってしまった。何とか誤魔化そうと妻と営みがない事をいうと、義母は私を慰めてくれた。しかし私のムラムラは治らず、寝静まった深夜、義母の布団へと忍び込み…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・マサトシは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある女房の実家に到達すると、女房の母親が優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の父親が亡くなり、一人暮らしになった義母こずえ。妻はそんな義母を心配し、僕たち夫婦は義母と同居することになった。義母は婿である僕に優しく接してくれ、同居はうまくいっていた筈だった。しかし、一緒に暮らし始めて、妻が夜の行為を断ることが増え、今ではセックスレス。なので最近は優しく巨乳な義母さんとのエッチな妄想をして誤魔化していた。今日も義母さんの胸の谷間に心奪われた僕は義母さんとの行為を妄想していた。その日の夜。眠れない僕はこっそり義母の寝室を覗きに行った。すると義母が一人慰めている。僕の胸は高鳴り義母の元へ。そして夢にまで見た義母と激しい行為で僕たちは絶頂に達した。しかしこの姿を妻に見られてしまった僕は、残念ながらこの家を後にするしかなかった。あれから1年、離婚した僕は毎日を無味に過ごしていた。仕事帰りの帰宅途中、見覚えのある女性が声を掛けてきた…


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・マサトシは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある和風家屋に到達すると、女房の母親が優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


平成26年秋。久方ぶりに女房の実家へと里帰りした青年ダイスケは、ずいぶんと久しぶりに顔を合わせた女房の母親・美沙子さんの熟れた色香に到着早々その股間を熱くした。二泊三日の旅程で泊まる事になったその一つ屋根の下で、青年ダイスケはいよいよ辛抱堪らなくなって、お義母さんの背後にハァハァと立ってしまう…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石野真奈美の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻と結婚して暫くして義父が他界。田舎で一人暮らしをしている義母の為、僕たちは義母と同居する事にした。同居の為に田舎で再就職した僕に義母は大変喜び、順風満帆な毎日が送れていたのだが…。同居し始めて困った事が起きてしまった。妻では勃たないのである。今までは普通に行為をしていたのだがもう何ヶ月も妻では欲情していなかった。その代わり義母の事を思うと固く勃起してしまう。さすがに妻にこの事は言えず、僕はイボとの行為を想像する毎日を送っていた。そんなある日、義母がソファーでうたた寝していた。僕はちょっとした悪戯心が芽生え、義母の体を触っていった。おっぱいお尻と触ってゆくが義母は起きない。僕は少し大胆に義母を弄っていった。下着を脱がすと漂う淫臭。僕は義母の股間へ顔を埋め夢中で舐めてしまった。さすがに目が覚めた義母は僕の行為を咎め抵抗したが、僕は義母を押さえ込み無理矢理に挿入した。僕は夢にまで見た義母とのSEXに高まり、思い切り発射した。僕は義母としてしまったことへの罪悪感でそそくさと自室に戻った。その日の夜、拭えない罪悪感に眠れなかった僕はリビングへ。すると義母の部屋から明かりが漏れており、僕はそっと部屋を覗くと、義母が体を弄り吐息を漏らしていた。暫く見ていると義母はビクビクと体を震わせ絶頂に達した。僕は義母を抱きしめると、再び義母との行為に溺れてしまった。しかし、その姿を妻に見られてしまい…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


義実家で同居の私。義父母は良くしてくれていたが妻が少し冷たくなってきた。久しぶりにと行為に誘うがゲームに夢中で断られてしまった。悶々とした気持ちのままリビングへ向う途中、お風呂場から明かりが漏れていた。ふと目を向けると、なんと義母がオナニーをしているところだった。ムラムラしていた私はお風呂場へ入ると義母を抱きしめていた。妻としていない事を告げ、我慢できないと言うと、義母は今日だけだからと勃起した下半身へ手を添えた。次の日仕事へ向かう途中義母の事を思い出した私は早退し義母の待つ自宅へと帰った。急な帰宅に驚いた義母だが、強引に抱きしめると身体中を弄ると義母は吐息を漏らし始めていた…


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


タカラ映像大好評シリーズ「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…」の美味しいところだけをギュギュ~っと詰め込んだ、熟女マニアの為の最強愛蔵版!嫁とは比較にならぬ程熟達した腰のグラインドがオレを魅了して離さない!!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦のマンションへ久しぶりにやってきたかおり。幸せそうな姿に気を良くし、娘にそろそろ孫の顔が…その瞬間、娘から笑顔が消え、一人寝室に入っていった。狼狽えるかおりに、婿は誘っても性行為がない事、そもそも行為自体嫌いな事を伝えた。僕はしたいんですが…と言う婿が可哀想だった。かおりは何も言えず立ちすくんでしまった。ある日、浴室の扉を開けると、かおりの下着を手に婿が股間を握りしめていた。娘の事があって、婿さんも苦しいのだろうと察したかおりは、娘には内緒と、優しく股間に手を伸ばした…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


タカラ映像を代表する人気シリーズ「女房よりずっといいよ」からヌケるシーンだけをズッポリがっつり大胆愛情編集!義母の熟れた身体と絶品テクニックがたまりません!じっくりとご堪能あれ!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


盆の頃。久方ぶりにまとまった休暇を得る事が出来た僕は、女房に連れられて遠路はるばる彼女の実家へと訪れた。相も変わらず美人で肉感的な、女房の母親みほさんに優しく出迎えられた。「どうぞゆっくり過ごしてくださいね」そう微笑みつつ世話をしてくれる、義母の女体隆起に、ここのところ随分と女房との行為が無かった僕は、イケナイ事とは分かりつつも、下半身のムラムラを押さえる事が出来なくなっていった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の希望もあり、妻の実家で同居させてもらう事になった私達夫婦。同居自体は特に問題もなく、優しい義父母と仲良くさせて貰っていた。料理上手な義母はむっちりとした美人で大きな胸の所為で私は目のやり場に困ってしまう事も度々であった。しかし私達夫婦は同居を境に夜の営みは無くなってしまっており、私は毎日悶々と過ごしていた。ある日、妻を抱こうと誘ってはみたが何時ものように拒否された。しかし、溜まりに溜まった性欲は抑える事ができず、ふと目にした義母の下着で思わず自慰に耽っていた。すると間の悪い事に義母に行為を見られてしまい、ヤバイと逃げ出そうとしたが、待ってと呼び止められてしまった。義母は娘の所為で溜まってるのよね、ごめんなさいねと言いつつ私の股間を優しく握るとゆっくりと扱き、私の陰茎を口中へと迎え入れていった。あまりの気持ちよさに直ぐに発射してしまった私に、二人だけの秘密ねと微笑みながら去っていった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


うちは妻・恭子と義母の3人暮らし。妻の恐妻ぶりに日々怯えている。食事も貧相で、確かに自分の稼ぎが少ないので仕方がないが、夜の方も一向にさせてくれない。義母はそんな娘に逆らえないが、僕には気を使って優しくしてくれていた。恭子が居ない昼間、仕方なくエロ本で自慰をしている最中、義母に見つかってしまう。すごく申し訳なさそうに娘の所為でと謝る義母は、娘の分まで面倒見ますと僕にキスをした。ねっとりと絡みつく義母の唇はとろけそうに甘く、僕は義母との行為に溺れていった。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある和風家屋に到達すると、女房の母親・加山なつこが優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦の自宅に遊びに来た真由美。娘、婿の元気な姿に喜んだ。娘夫婦は、ゆっくりと滞在を楽しんでもらおうと、上京の疲れを癒してもらうべくお風呂を勧めた。まだまだ若い義母・真由美にオンナを感じていた婿は、こっそりお風呂場へと近づき、真由美の下着を手に取り、匂いを嗅ぎながら自慰に耽った。深夜、真由美の寝ている寝室に夜這いに向かった婿。寝ている義母へちょっと悪戯していたが、激しくなってしまい義母が起きてしまう。しかし、興奮している婿を止められぬ義母・真由美。久しぶりの行為に感じてしまい、遂に婿のチンポを受け入れてしまう。婿の熱く硬いアレを何度も何度も叩きつけられ、おかしくなってゆく真由美。義母の優しく包み込む蕩けそうな秘部へと何度も杭を打ち込む婿は、義母と繋がれた喜びで溢れるほどの白濁液を発射させるのであった。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


話題沸騰!タカラ専属美人母「岩下京香」。ファン待望の第二弾です!愛する女房を尻目にその母と絡み合う禁断の家族ドラマを情感込めて艶じて魅せます。暮れ。嫁の里帰りに同行した旦那・マスオは久しぶりに見る義母・ゆりかの熟れた肢体に目を奪われる。そして、深夜。便所に向かったマスオが偶然覗き見してしまった、お義父さんに抱かれるお義母さんの艶やかな乱れっぷり。美しくも優しい女房の母にドキドキし始めてしまっているマスオが、嫁の居ない隙に…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦の元へ久方振りに現れた義母は今日も変わらず妖艶だった。最近夜の営みが女房とご無沙汰な旦那は無意識に義母の下着で自慰を行っていると…。「お義母さん、好きなんです。だからお願い…許して…。」


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦と同居の穂花は、二人が仲良く暮らしていけるようにと頑張っていた。しかし娘の娘婿に対する言動が日増しにキツくなっている事に心痛めていた。今日も娘婿が穂花の手料理を少し褒めただけで娘は不機嫌になり、気まずい雰囲気になってしまった。深夜、穂花が台所へ向かうと、娘婿が落ち込んだ顔で座っていた。話を聞くと、料理の事より悩んでいる事があるという。中々言いたがらない娘婿だが重い口を開いて出てきたのは娘とのセックスレスという事。穂花は意を決し、娘がごめんなさい、今日だけ、今日だけ特別で私がすっきりさせてあげるからと、娘婿の股間を摩り舐め上げた。数日して、穂花は娘に子供は作らないのか尋ねたが上手くかわされてしまう。娘夫婦の寝室へ洗濯物を持ってきた穂花。婿が横になっていたが、穂花が立ち去ろうとした瞬間、婿が後ろから穂花を抱きしめた。ダメよ、あの時が特別だっただけという穂花の口をキスで塞ぎ、穂花の体を弄り始める。嫌がっているがカラダが反応し始め、穂花の下着をうっすらと汚してゆく。婿に嬲られカラダが開き始め、挿れられてしまうと思った矢先、娘が婿を呼んだ。一安心の穂花だったが満足しきれず疼いている自分に気がついた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻と妻の母と僕の3人で暮らしている。義母からは直接言われてはいないが、孫の顔が見たいという雰囲気は伝わって来る。しかし孫の顔を見せようにも妻がヤラせてくれず、悶々と生活していた。今日も妻と義母が並んで掃除をしている所を目撃し、プリプリと動く二つの尻に興奮してしまった。夜、妻とヤろうとしたが、気分が乗らないと言われ、僕はふてくされ寝室を後にした。気持ちを落ち着かせ寝ようとした所、義母の部屋から明かりが漏れていた。いつもならこの時間寝ているはずなのにと近付くと、漏れ聞こえる微かな吐息。こっそり覗くと義母が自慰行為の最中。年季の入ったねっとりとした指使いで秘部を弄り、頬をピンク色に染めている義母の姿に僕は我慢できなくなり義母の部屋へと入って行ってしまった。義母へ抱きつくと、義母の股間へ指を這わせる。すでに湿っている秘部は僕の指を優しく受け入れた。義母は抵抗したが、妻と出来ていなく我慢できずに義母を襲ったことを告げると、これで許してと言い、僕の猛り狂う肉棒を手と口で満足させてくれた。次の日、僕は会社をズル休みし、妻が外出したのを確認すると静かに玄関の鍵を閉めた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦と同居している舞子。忙しい二人に代わって炊事洗濯家事一般をこなしている。いつも二人のために元気になる献立なんかを考えている。ある日の深夜。リビングに元気のない婿さんの姿が。どうしたのと聞いてみると、娘との夫婦生活が無く、ずっとセックスレス。今日も誘ったが断られたと哀しい顔をされてしまった。こんな良いお婿さんを悲しませるなんて酷い娘と思いつつ、役に立てるならと、すっきりしたいでしょと婿の股間を弄った。お互い高まり合い、いつの間にか婿にイかされた舞子。婿さんを口の中で受け止めると、ゆっくり飲み込んだ。舞子は昨日の事を思い出していた。娘と話している事も頭に入ってきていない。娘が外出して直ぐ、婿さんが早退したと帰ってきて、強引に抱きしめられてしまった。最後の理性で婿さんを拒んでいたが、昨日味わった快感が蘇ってきてしまい、ついに婿のモノで貫かれてしまい、舞子は久しぶりの感覚に酔いしれてしまっていた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦のもとに遊びに来た母、恵未。仲良さげな二人を見て嬉しく思っていた。しかしある日の深夜、婿さんが自慰をしている場面に遭遇してしまい、婿さんの悲痛な思いを聞いてしまう。婿さんは妻である恵未の娘との性交渉を出来ずに数ヶ月も過ごしていたのだった。可哀想に思った恵未は、少しだけなら私がと、口と手で婿をすっきりとさせた。翌日、妻の目を盗み恵未へとちょっかいを出す婿。彼の熱い情熱に負け遂に体を許してしまう。暫く振りの行為は恵未の忘れかけていたオンナを目覚めさせ、自ら望んで婿の肉棒を求めてしまうのだった…


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


タカラ映像大好評シリーズ「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…」の美味しいところだけをギュギュ~っと詰め込んだ、熟女マニアの為の最強愛蔵版!貴殿の股間を直撃する!見どころ満載の8時間!!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


義父が亡くなり1年。一人暮らしの義母の為僕たち夫婦は義母の家で同居する事になった。仕事は変える事になってしまったが無事就職出来た。そんな事もあり義母は婿である僕に特に優しくしてくれる。小柄でムチムチな義母は油断が多いのか胸元の開いた服とかを着るので僕はいつも目のやり場に困っていた。そして僕は妻では興奮できず、つい義母との行為を妄想するまでになってしまった。ある日、義母が昼寝中に僕は我慢できず義母を襲ってしまった。嫌がりながらも感じてくる義母。アソコから溢れ出す淫汁。いつもより硬さを増した僕のモノをするりと受け入れると、きつく締め付け僕はすぐに発射してしまった。深夜、目が覚めリビングへ向かう途中、義母の部屋から明かりが漏れており、そっと覗いてみると義母が一人カラダを弄っていた。僕は義母のそばに近寄ると抱きしめキスをした。義母は恥ずかしそうに微笑み僕を受け入れ、お互い感じあいながら行為を楽しんでいたが、その姿を妻にみられてしまい、僕たち夫婦は離婚し義母とも離れ離れになってしまった。それから1年後…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


『栗田葉子』43歳。娘を嫁にやり、ひと段落と思っていた矢先、20歳年上夫に先立たれ失意の中半年、やっと夫の物を片付け、少しずつ外へも出かけるようになった。今回、気分転換にでもと婿さんが自宅に招待してくれました。わがままな娘は相変わらずで、すこし婿さんが可哀想と思っていた。葉子の入浴中に婿は葉子の下着の臭を嗅ぎ自慰に耽る。その姿を葉子は見てしまう。聞けば娘とは1年性行為をしていないと言う。葉子自身も夫が高齢だったのもあり、夫と性行為をしておらず、婿さんの気持ちが分かった。婿さんを不憫に思った葉子は今勃起している婿のチンポを鎮めるべく優しくヌいてあげた。次の夜、寝床に着いた葉子の元に婿が股間を大きくして現れ…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


タカラ映像大好評シリーズ「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…」の美味しいところだけをギュギュ~っと詰め込んだ、熟女マニアの為の最強愛蔵版!逞しい娘婿の肉棒が容赦なく熟れ熟れマンコに突き挿さる!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家に久しぶりに里帰り。義父母は大変喜び迎え入れてくれた。お茶を頂きながら話していたが、義父母から妻へ子供はまだ?の質問から空気が一変。妻はひとり席を立ってしまった。そこで僕は妻とのセックスレスを告白し、なんとも言えない空気が漂ってしまった。深夜、目が覚めた僕はトイレに向かおうとすると、義父母の部屋から声がする。覗くと、義母がねっとりと義父のモノを舐め嬉しそうに挿入しようとしていた、が、義父は中折れし義母は少し寂しそうな顔をしていた。レスな僕はたまらなく欲情し、トイレでひとり扱いていると、義母が現れ見られてしまった。慌てた僕だが、義母は娘がしないからこうなってしまうのよねと、優しく僕のモノをさすり、僕をすっきりさせてくれた。次の日の夜、義父と妻が出かけてしまい、義母は早々に寝室へ。僕はチャンスとばかりに義母の部屋へ向かい、寝ている義母の体に悪戯を開始した…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


私と妻と妻の母の3人暮らし。妻も私も働いている為、家事一切は義母に任せている状況です。先日久しぶりに妻と営みをと思い誘ったのですが、疲れていると拒否されてしまい、落ち込んでしまいました。そんな事があって数日後、なんとなく気持ちが重くて会社を早退し、帰宅した私を見た義母は、すごく心配してくれました。妻との事を話した私に義母は驚く事を言ってきました。私がスッキリさせてあげようか?と。いつもと違う積極的な義母に押され、私の下半身はスッキリ抜かれてしまいました。しかし口で抜かれただけでは満足できなかった私はその夜、義母を夜這いする事にしました。静かに襲いかかると義母は驚いた顔をしましたが、少し強引に挿入すると、まるで私のアソコを待っていたかのように受け入れ、柔らかく締め付けてきました。その日から私の性処理は義母に解消してもらうようになりました。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の母・葉子さんが久しぶりに上京してきた。数日間ウチに泊まる。久しぶりの再会に妻も喜んでいた。その夜、妻が求めてきたので、精一杯答えようとするも、息子の元気が足りず、満足できなかった妻は拗ねて寝てしまった。次の日、妻が出社したあと、義母が僕の寝室に来ると、悩みでもあるの?と聞いてきた。何故ですかと?と聞くと、昨日の妻との行為を見てしまったらしく、亡くなった義父も同じことがあったと教えてくれた。そして、こんなこと言ってごめんなさい、お詫びに私でよければスッキリしとく?と私を押し倒すと、ねっとりと濃厚なキスをしてきた。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


義母・加奈子さんと妻は年齢があまり離れていない、何故なら義父の後妻だから。普通ギクシャクしそうだが、妻と義母は本当の親子の様に仲良しだ。今日も二人仲良く僕の面倒を見てくれ、気持ち良く出勤しました。そんな義母なので、少し年上のお姉さんといるような感じで少しドキドキしております。ある夜、そろそろ子供が欲しいと思い、妻と営もうとしましたが、拒否され下半身が悶々としていた所、義母の部屋から灯が。覗くと一人慰め身悶える姿が。たまらず抱きつきました。しかしやんわり拒まれそうになったので、我慢できない私は義母に懇願し、今日だけ特別だからと言う義母に口でスッキリしてもらいました。翌日、妻が外出する時間を見計らい早退した私は、掃除をしている義母に声を掛けた。私の姿に焦る義母を強引に引き寄せると、昨日の続きを、昨日出来なかった挿入を果たした。久しぶりの受け入れという義母だが、秘部はすっかり潤っており、ゆっくり差し込むと柔らかく私を包んだ。味わうように締め付けてくる義母に私は我慢できなくなり、大量の精を義母の中に放った。それから数日は妻の目もあり何も出来なかったが、義母にイタズラを仕掛けた。私は義母を弄り、火がつきそうな所で止めた。その日の夜、義母が私の寝室にそっと忍び込んできた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石野真奈美の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家に帰省した僕たち夫婦。長旅の疲れを癒すべくお風呂を勧められた。入浴中石鹸がない事に気がついた僕は妻にお願いしたが、なんと義母が持ってきてくれ、背中を流すと言い始めた。背中を流して貰いながら私は妻と行為がない事を告白した。すると義母が何を思ったのか僕の股間を優しく掴むと娘がごめんなさいねと言い、僕を気持ち良く射精させてくれた。それだけでは我慢できなくなった僕は深夜義母の布団へと夜這いをかけた。次の日、妻と話し義母の尻肉に欲情した私は、義母へちょっかいを掛け、つい夢中になった結果、妻にバレてしまった。なんとか妻を宥め、離婚は回避した。それから妻とは性生活含め上手くいくようになったが、義母のカラダが忘れられずにいた。義母もまた不完全に日がついたカラダを持て余しており、妻が旅行に行くと決まった時から僕は義母に会いたいと言ってしまっていた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


盆休みに妻の実家へと帰省した旦那はそこで義母・さゆりの変わらぬ美しさに見とれてしまう。無防備な姿で旦那の視界に何度も映る義母の様子に辛抱堪らなくなってしまった旦那は、妻が買い物に出かけた隙を見計らい、さゆりに気付かれぬよう背後から覆い被さるのだった。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


婿入りしてきた僕が言うのもなんだけど、カミさんと比べても劣らない、いやむしろ勝っている僕の義母さん。特にカミさんに不満がある訳じゃないけど、一緒に並ぶとどうしてもそっちに目が行っちゃうのは自然な事だと思うんだ。とても48とは思えない程いい身体をしているその秘訣は、未亡人の身でありながら酒屋の若旦那と繰り返す秘密の関係にあったんだ…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


平成二十六年夏。青年ゲンタは、久方ぶりに実家へと里帰りをしたいと言う女房に付き添って、県外にある彼女の実家へと訪れた。玄関をくぐると、女房の母親であるカズミさんに笑顔で迎えられた。「んまあ遠い所よく帰ってきてくれましたね二人とも」リビングに通され三人であははと談笑していた。ふと、ふたりで何か探し物をしている母子の姿が視界に飛び込んで来た。無防備なる前傾姿勢。女房と、その母親の、あまりにも肉感的なまん丸の臀部が、目のやり場に困る程に、ぷりぷりと揺れていた。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


純朴なる青年ダイスケは先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親留美子さんの熟れに熟れた完熟色香にドキマギし続けていた。朝の光景。むっちりとした尻肉隆起を浮かび上がらせるお義母さんの拭き掃除姿。思わずボーッと見とれていると、女房に早く朝ご飯食べてとせかされた。義母の滞在予定は三泊四日だった。ドキドキハァハァの同居生活。ダイスケの下半身は、いつしか、もはや制御不能なほどに、いきり勃っていた。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の自宅でマスオさんになって半年。義父も義母もいい人で、この生活も悪くないと思っていました。しかし困ったことがありまして。妻は元々あっちが淡白な方で、同居してからは一度もSEXしていません。そのせいで何時もムラムラしてしまうんです。それなのに義母さんがちょっと天然というか、僕を誘うような感じというか、多分僕の気のせいなんですけど、それでついお義母さんのお尻とか目で追ってしまって…妻にHしたいと言って断られた時。僕は義母の下着を漁ってオナニーしている。隠し持っていたお義母さんの下着。静かなリビングで僕は思いっきりシコっていた。しかしその姿を義母に見られてしまい…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家へ帰省をした際、義母と関係を持ってしまった婿。しかしその事が妻にばれてしまい、一瞬で関係は途絶えてしまった。それから半年。妻とは離婚せず、お互い歩み寄り夫婦生活を続けていたのだが、婿は義母の事が頭から離れず、義母に会いたいとメールを送ってしまった…半年前。妻の実家に帰省する事になった夫婦。義母ゆうは娘夫婦の元気そうな顔に安心した。その夜入浴中の娘婿にシャンプーを持って行ったゆうは、娘婿の背中を流す事に。突然の事に慌てる娘婿だが、ゆうは気にもせず、そろそろ孫が見たいと話した。娘婿は夜の営みが無い事伝え、ごめんなさいと言った。娘婿の苦悩にゆうも困惑した。しかし大きく膨らんでいる婿の股間に何かを悟ったゆうは、あの娘の所為でゴメンねというと、勃起した股間を擦り始めた。堪らず発射してしまう婿に、娘には内緒よと言うと、ゆうは優しくキスをした。しかし婿の興奮は治るどころか増してしまい、深夜寝ているゆうへ夜這いをかけてしまう。それから婿とゆうは娘の目を盗んではお互いの体を求めあってしまうようになり、遂には妻にばれてしまう。妻も思うところがあったのか、離婚はせず、夜の営みも多くは無いがするようになった。妻が友達と旅行に行くと聞いた時、真先に義母の顔が浮かんだ。気が付いた時には義母へメールを送っていた。妻が旅行に出かけて数時間後、家のチャイムがなり、扉を開けるとそこには義母が恥ずかしそうに嬉しそうに立っていた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家へ久々の帰郷。義母は僕たちを快く迎え入れてくれた。夜、お風呂に入っているとシャンプーがない。僕は妻にシャンプーがないと声を掛けると義母が持ってきてくれた。お礼を言い扉を閉めようとすると義母が背中を流してくれるという。恥ずかしさもあって断ろうとしたが強引に浴室へと入ってきてしまった。背中を流されながら義母と会話。優しく洗われる感触に下半身が反応してきた。すると義母からそろそろ子供はと言われ僕はハッとした。僕たち夫婦は半年ほどセックスレス。妻から拒否されて出来ないでいる。その事を僕は義母に伝えた。そうなの娘がごめんなさいと狼狽え動揺する義母は何を思ったか前も洗ってあげると言い出した。それはまずいと立ち上がった僕。ちょうど義母の目の前に僕の元気になった息子を突き出す形になってしまった。義母は元気になった股間を見て娘がしないからこうなっちゃうのよねとそっと僕の股間を掴むと扱き始め、娘には内緒よと言い舌先で愛撫し始めた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


閑静なる住宅街。そこにたつ、平凡なる和風家屋。一階玄関、ドラマ冒頭にイキナリのW拭き掃除ケツ。義母と嫁。色違いのエプロンにデニム。四つん這いの前傾姿勢にて、上機嫌に、廊下の拭き掃除をしている。揺れ動くふたつのケツ。真弓家は二世代で、嫁の家に住んでいる。そこに婿として来たのが、ダイスケだった。今日も、義理の父と一緒に彼は出勤する。そんなある日の夕刻。仕事を終えて帰宅したダイスケがひとっ風呂浴びていると、シャンプーが切れている事に気付く。シャンプーが切れた旨を、大声で訴えていると、お義母さんが入ってきてしまったのだったが…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


結婚して数年、嫁とは良くも悪くも普通。ただマンネリ気味は否めないそんなある日、義母『奈穂』さんが上京してきた。前から思っていたけどお義母さんは嫁と違って大人の女。優しいし、おっぱいもデカイ。今日の服だって谷間がバイーンってなってるし、いい香りが…。こんな女性にあんな事やこんな事して貰ったりしてとか考えるだけで超楽しい。って考えていたら、風呂上がりバスタオルのお義母さん。やばい、婿はヤラシイ妄想が止まりませぬ。僕は我慢できないダメ婿です。今日はお義母さんをこっそり夜這いさせて頂きます。大丈夫、嫁は寝ていますし、黙っていればわかりませんから、ね、お義母さん。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


タカラ映像が自信を持ってお届けするお義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…シリーズ。妻の母親というこれ以上にないコンプレックスと背徳感が貴殿の股間を直撃する。嫁とは比較にならぬ程熟達した腰のグラインドがオレを魅了して離さない!!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


チャイムが鳴り、ドアを開けるとそこには里実が少し恥ずかしそうに立っていた。里実は私に抱きつくと激しい接吻を交わした。半年ぶりの彼女の唇は柔らかかった。里実は「あの娘がいない間、私をめちゃくちゃに抱いて欲しい」と言うと、再び濃厚な接吻を交わした。そこから私たちは獣のように体を重ねたのである。里実とこのような関係になったのは半年前、妻の実家に帰省した時だった。妻とはセックスレスで夫婦仲は冷え始めていた。年を重ねてもなお妖艶さを失わない義母里実の姿に興奮した私は、妻との関係を義母に告げた。義母は娘がごめんなさいと言うと、勃起してしまっている息子に手を添え、今日だけだからと優しく口唇に咥えた。その夜、義母の寝ている寝室へこっそり向かい、驚く義母を無理矢理に抱いた。しかしその行為は熟れた義母の女に火をつけてしまった。私達は妻の目を盗んで逢瀬を重ねたが、この事が妻にばれてしまい、私は義母との関係を切らざるを得なくなった。妻は私と別れなかった。数日間は私と話さなかったが、少しずつ時間が解決してくれた。あれから半年、妻が友達と旅行に出かける。私は寂しさからつい、義母に連絡を取ってしまった。「義母に会いたい」送った後、少し後悔した。仕事から帰り、妻のいない部屋で一人。チャイムが鳴った。私にはわかっていた。義母が来た事を、扉の向こうに妻よりも愛している義母、いや里実が私の出迎えを待っている事を。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。久方ぶりの休暇を利用して温泉旅行へと訪れた青年ケンイチは、はしゃぎまわる女房に苦笑を浮かべつつも、そっとその脇でしっとりと佇むお義母さんの浴衣姿に見とれていた。ひょんな事から決まった小旅行。女房の母親ノブコさんも一緒に行くと決まった時から、ケンイチは今日の日を内心待っていたのだ。「ホント…いい湯だったわ…」熟れた女の色香をムンムンに漂わせつつ、浴衣からうなじを覗かせているお義母さん。決して褒められた感情ではない事は重々承知の上で、ケンイチはお義母さんの女体への性的興味を押さえつける事が出来なかった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


女房ゆかりの実家で義母幸江と一緒に暮らす結婚2年目となるサラリーマンの夫。いい物件が見つかるまで一緒に住まないかという義母の申し出を有り難く受けての事だったが、その頃より息子はゆかりよりもむっちりと熟れたカラダつきの幸江が気になって仕方がなかった。そんなある日、息子は幸江が近所の酒屋とお互い激しく絡み合っている様子を目撃してしまい…


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


義母…愛する妻の母。妻の面影を残しながらも熟れた色香を醸し出している。僕の下半身は我慢ならない所まできていた。嫌がりながらも娘婿の逞しい身体に溺れてゆく義母。8時間でお届けする禁断の行為。どうぞご堪能ください。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


数年前、義父の法事での事だった。滞りなく終わり、着替えをしている義母が妻を呼んでいた。席を外していたので、代わりに僕が行ってみると、喪服のチャックが硬く、苦労している義母がいた。ならば僕がとチャックを引き下げると、一気に服が脱げてしまい、下着姿になってしまった義母がいた。スタイルが良く、白く透き通る肌に目が釘付けになりその日から、義母の事が頭から離れなくなった。そして、今回は日帰り予定だが、妻と二人、妻の実家に向かった。久しぶりに義母に逢えると、僕はドキドキしていた。用事が終わり、密かな想いを抱きながら義母を見ていたが、妻が突然泊まって帰ると言いだした。その日の夜、寝付けなかった僕はリビングで酒を飲んでいた。すると義母がやってきて、一緒に飲み始めた。義母の美しさは変わっておらず良い香りがした。お酒が進み、酔った義母のネグリジェから露出する色々な所に、僕は興奮し、股間の膨らみを抑えられなくなってきた。不意に目があった。僕は、義母の手を握った。すると義母も握り返し、お互い見つめ合っていた。僕は口づけをした。義母は受け入れてくれた。そして、僕たちは静かに熱く愛し合った。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家で暮らす様になった僕は、色っぽい義母に毎日ドキドキしていた。ただ、義理とはいえ親子でいやらしい事など出来るはずもなく…しかし同居した途端、妻が夜の営みを拒否し始め、ヤリたい盛りの僕の性欲は行き場をなくしていた。お風呂場に置いてあった洗濯物の中に義母の下着を見つけ、つい手に取ってしまった。ふわりと義母の匂いがし、僕の下半身は一瞬にして滾ってしまった。夢中でしごいている姿を義母に見られ焦ってしまったが、妻との関係を伝えると、義母は娘がごめんねと言い、僕の下半身へと手を伸ばしてきた。義母の愛撫は絶妙で、僕は直ぐに発射してしまった。それからの僕は義母の事しか、義母の体しか見れなくなっていた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家でマスオさん生活な僕。させてくれない妻に不満はあるものの、優しい義母のお陰でなんとか頑張っていた。義母の紀子さんはむっちりとした美人で僕はついつい目で追ってしまっていた。義父に冗談で手を出すなよと言われた時、ばれたと思いいつも以上に驚いてしまったが、笑ってごまかした。夜、義母がお風呂へ。僕はこっそり義母の入浴を覗こうと浴室へ。すると義母が自らの体を弄りまるで僕に見せつけるかのように自慰をした。僕は我慢できなくなり扉を開け義母を抱きしめた。抵抗する義母に全部見てました、我慢できないと言うと、今回だけだからと口と手でしてくれた。翌日、みんなが出かけ、義母が一人になった頃合で、僕は帰宅した。驚く義母を服の上から愛撫する。抵抗する義母を無視するように服を脱がせ股間を触ると、溢れ出る愛液で下着は汚れていた。嫌がりながらも敏感に反応しだす義母へ僕は肉棒を挿入した。義母が絶頂に達しているのを楽しむようにピストンし、僕も発射した。雫の垂れる肉部を義母の口へ差し出すと、困ったような少し嬉しそうな顔で僕の雫を吸い取っていた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家に帰省するのは何年ぶりだろうか?仕事がひと段落し、久々の連休、お義母さんも寂しがっているだろうと帰省した。義母、絵美は二人を優しい笑顔で出迎え、娘夫妻の好物を食卓に並べて持て成した。婿が席を外し、娘母の団欒。母は娘に孫の顔が見たいと言った。娘は夫は好きだが、性行為をしたくない、夫はしたがっているが、私は嫌いと言い、怒って席を立った。娘が性行為が嫌いでも婿さんは違うだろう、溜まってしまうでしょう、娘夫婦は大丈夫なのだろうか、母は困惑してしまった。あくる日、娘が出かけてしまったので、婿さんにお手伝い願おうと寝室へ向かうと、自慰をしている婿の姿を見てしまう。慌てて隠す婿の姿を不憫に思った絵美は、私のせいでごめんなさいと婿の自慰を手伝った。久しぶりに手にした勃起するアレに、絵美は少し興奮し、お互い気持ちよくなってしまう。さすがに娘に対して罪悪感を覚えた絵美は、娘には内緒と婿に告げるのだが…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


タカラ映像大好評シリーズ「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…」の美味しいところだけをギュギュ~ッと詰め込んだ、熟女マニアの為の最強愛蔵版!嫁とは比較にならぬ程熟達した腰のグラインドがオレを魅了して離さない!!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


都会に同窓会で状況した義母。久々に合うお義母さんは今日も妖艶だった…。最近嫁とSEXレスのマスオは悶々としていた…。そんな中隠れて自慰をしていた青年、それを義母に見られてしまい…。義息子を欲する母、義母を欲する息子!!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、珍しくまとまった休暇を取る事が出来た為、女房の実家へと夫婦二人で里帰りをする事にした。都内から新幹線やら電車に揺られて三時間。程良く都市開発が進んでいる中規模都市にある女房の実家に到達すると、程なく女房の母親が優しく迎えてくれた。そして、義母の肉感的な女体隆起に、義息はゴクリと思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


東京都内某所。閑静なる住宅街。そこに立つ、平穏なる一軒家の台所。エプロン姿の女房が、ひとり、鼻歌まじりに、旦那・ダイスケの朝飯を作っている。程なくして、旦那が眠そうに入って来る。寝ぼけながらも台所のイスに座るダイスケは、妻の手作りの朝食を食うのだが、妻が改まって言い出した事があった。それは、明日、お義母さんがやってくるとの事だった。翌日、遠路はるばる汽車に揺られて、東京のにぎやかな喧噪の中、きょろきょろとしながら、大通りを歩くオノボリお義母さん。娘の東京の住所が手書きで書かれた、チラシの裏面を見ながら、徐々に娘夫婦の住む、一軒家へ訪ねてきた田舎のお義母さん・洋子50歳。しかし、実の娘を尻目に繰り広げられる、義母と義息との、禁断の関係が、徐々に巻き起ころうとしていた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の実家へ帰省した。義母のみおさんは綺麗な人で、僕は帰省のたびにドキドキしてしまう。今日はどうやら会合があるらしく、移動で汗をかいた妻とともに、義母・みおさんも着替え始めた。妻から着替えがないと言われ、ハイハイとカバンを妻の元へ。そこで目にしたみおさんの下着姿に僕は心奪われてしまっていた。その夜、食事を終え、晩酌をしていたが、妻は早々に寝室へ向かっていった。一人寂しくしていると、義母がほろ酔いで帰宅してきた。一緒に呑みませんかと誘い、二人でお酒を飲む。会話が止まり、義母の潤んだ瞳が僕の心をかき乱す。二人の距離が近くなり、見つめ合い、自然と唇が触れ合う。一線を越え、男と女になった二人は貪るように求め合った。次の日、僕は少し気まずい雰囲気の中、義母と朝の挨拶を交わした。そそくさとリビングを後にする義母。ふと目をやるとゴミ箱に昨日の名残が。妻にばれないようさっと隠し、僕は平静を装った。妻が外出するのを待って義母の元へ。昨日の名残を義母に渡しながら、僕は義母を抱きしめた。そしてこの関係に後悔がないことを確かめた。あれからも度々義母と愛し合い逢瀬を重ねた。近々3人での暮らしが始められそうだ…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


ある夏の暑い日。婿入りした旦那が、女房の実家で、義父母と同居していた。しかし、徐々に旦那は義母・島田響子の熟した身体に悶々とし始める。そして、嫁と義父が出かけて、義母と二人っきりになった瞬間から、婿入り旦那と義母とが、ついに一つになった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年であるマコトは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく、慌ただしく屋内の片付けをしていた。女房の母親。田舎で暮らす娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーン言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石橋ゆうこの肉感的な女体隆起に、マコトは思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


女房の目を盗んでべろれろと繰り広げられる、義母と婿との禁断姦通劇。大人気シリーズ「お義母さん女房よりずっといいよ」から珠玉のベスト盤が登場!どれもこれもの目移り必至な、8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


夫婦二人暮らしの鷲尾家に、娘夫妻が同居し始めて半年。家族4人になり賑やかに仲良く暮らしていた。明美は口には出さ無いが孫はまだかなと期待していた。しかし娘夫婦からその手の話が出る事もなく、ちゃんと夜の生活をしているか気になっていた。夕食終わり娘夫婦が寝室へ向かう。こっそり聞き耳をたてる明美。婿が行為を誘うが娘が拒否していた。しかも娘夫婦の半年セックスレスという事実を聞いてしまった。深夜明美が浴室へ向かうと何やらゴソゴソと音がした。扉を開けると婿が下半身を露わにし明美の下着で自慰をしていた。慌てる婿に早くしまってと言った明美だが、娘とシテ無いから自分でするしかないのねと気付き、婿の自慰行為を手伝ってしまった。次の日、明美はどこか上の空だった。昨日婿にした事は良かったのか、婿とはいえ夫のモノではない男性器を触ってしまった事、夫とは違い硬く熱い肉棒を頬張り自身の股間が熱くなってしまった事、そんな事を考えている内に夜になってしまっていた。夫は飲みに出かけ明美は一人悶々と床に着いた。はっと目を覚ますと婿が明美の股間を弄り卑猥な音を立ててしまっていた。やめてというが、体の奥から疼き始める欲望に抗え無い。程よく敏感になった明美のアソコは婿のイキリ勃ったモノをすんなりと受け入れると優しく包み込んでいった。明美は夫へ対する罪悪感と、久しぶりに受け止める男性器の快感で何度も登りつめ、声を押し殺しながら逝ってしまった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が、娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・宮前幸恵の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦の元へ久方振りに現れた義母は今日も変わらず妖艶だった。最近夜の営みが女房とご無沙汰な旦那は無意識に義母の下着で自慰を行っていると…。「義母の甦るオンナの匂い、ぼくは…ごめん女房、この色香に我慢できない…」


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


ある夏の暑い日。嫁の実家に訪れた旦那が、そこで美しい義母と出会う。一緒に過ごしていくうちに、徐々に旦那は義母の熟した身体に悶々とし始める。そして、嫁と義父が出かけて、義母と二人っきりになった瞬間から、旦那と義母とが、ついに一つになった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦の元へ久方振りに現れた義母は今日も変わらず妖艶だった。最近夜の営みが女房とご無沙汰な旦那は無意識に義母の下着で自慰を行なっていると…。「嗚呼っダメよ…そんな事されたら…私だって…これ以上されたら我慢できなくなっちゃう…」


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・筒美かえでの肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・篠宮千明の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


女房の目を盗んでべろれろと繰り広げられる、義母と婿との禁断姦通劇。大人気シリーズ「お義母さん女房よりずっといいよ」から珠玉のベスト盤が登場!どれもこれもの目移り必至な、8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


久しぶりに妻の母「涼子」さんが僕の家にやってくる。お休みの数日泊まっていく予定。結婚の挨拶をしに伺った時から思っていたけど、綺麗なひとなんですよ、お義母さんは。そりゃ若さなら妻の方が良いですよ、でもですね、あのなんとも言えない艶って言うんですか?色っぽさ、ムッチリとしたお尻とかが堪らないわけですよ。だから今回お義母さんを舐め回すように視姦して、妄想の中だけでもヤリまくりたいと思っております!!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


妻の母親が久しぶりに上京し、我が家に泊まることになった。義母はいわゆるお母さんタイプのムチムチした体つきで、妻とは真逆な女性。僕は義母に少なからず行為を抱いており、今回の件も首を長くして待っていた。風呂上がりの義母はほんのりと上気した顔で可愛く見えた。僕はこっそり浴室へ向かい、義母の下着を物色した。小さく折りたたまれたソレをおもむろに嗅ぐと、義母の香りが僕の股間を刺激した。変態的自慰行為に夢中になっていると、なんと義母がやってきた。バツが悪そうな僕に義母は、出せていないんでしょ?と優しく聞くと、あの娘には内緒、今日だけ特別、と言い、僕も股間に顔を埋めた。ねっとり濃厚で絞り上げるようなフェラに僕は堪らず発射してしまった。まさか義母がこんな事をしてくれるなんてと嬉しくなった僕は、フェラだけで満足出来るはずもなく、夜、寝ている義母を襲ってしまった。嫌がっている風の義母だったが、挿入した辺りから様子が変わり、自らも腰を振り始め、僕を包み込んでくれた。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


秋晴れの中、嫁の里帰りに同行した旦那は久しぶりに見る義母芳恵の熟れた肢体に目を奪われる。義父が亡くなって再婚をしないままの義母であったが近所の知り合いと度々お互いを慰め合っているのだった。二人の逢瀬を偶然目撃して興奮した旦那は、ある日妻が席を外したのを良い事に芳恵へと自らの想いを体を使って激しくぶつけるのであった。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


女房の目を盗んでべろれろと繰り広げられる、義母と婿との禁断姦通劇。大人気シリーズ「お義母さん女房よりずっといいよ」から珠玉のベスト盤が登場!どれもこれもの目移り必至な、8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


義母『恵理子』さんが泊まりに来ると妻が言った。わかったと軽く答えたが、内心嬉しくて仕方がなかった。義母の恵理子さんは可愛らしく綺麗で、むっちりとしたいい女。天真爛漫なタイプで、この前来た時はチラッとおっぱいが見えた。今回はもっといい事ないかなぁなんて考えていた。義母がやってきたのは数日後、今回は4泊ぐらいすると言っていた。恵理子さんが出掛けて行き、帰宅したのは深夜だった。酔っ払って帰宅した。妻がいれば二人で介抱するのだが、今日は私一人。恵理子さんを抱え、寝室へと運び寝かせる。つい触ってしまった胸の膨らみ。すると恵理子さんが、もっとと言い始めた。多分亡くなった義父と私を勘違いしているのだろう。私は内心チャンスと思い胸を揉みしだくと、下半身を弄り始めた。いざ挿入の時になり、目を覚ました恵理子さんは私を拒んだが、いきり勃ったモノをそのままには出来ず、初めて恵理子さんと繋がる事が出来た。ダメとは言いつつも次第に感じている姿に再度興奮した私は、恵理子さんの体に熱い白濁液をぶちまけるのであった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


一人暮らしの義母の為僕たち夫婦は義母の家で同居する事になった。入り婿の身としては義母を立て妻を立てと頑張っているのだが、義母を褒めると妻の機嫌が悪くなり、気がつけば数ヶ月夜の営みを行っていなかった。今日も不機嫌な妻に営みを断られ一人寂しくリビングへ。するとそこに義母が。僕はつい義母に妻のことを愚痴ってしまった。すると義母がもし良ければスッキリさせてあげようか?と言いつつ僕の股間をペロペロシコシコと弄り、僕は堪らず発射してしまった。今日だけだからねと義母は微笑み、僕はうんと頷いた。次の日、昨日のことを思い出し興奮してしまった僕は義母へ悪戯してやろうと抱きつき義母の体を弄る。嫌と言いつつもまんざらでもない義母とさぁ合体と思った矢先、妻からの呼び出し。良いところなのにと思いながら義母の元から離れた。その日の夜。不完全燃焼の僕は義母の元へ夜這い。寝ている義母の布団へ潜り込み体を嬲る。次第にいやらしい音と匂いが僕を包む。はっと目が覚めた義母が驚くが、僕はもう我慢できず、義母の割れ目にグイッと挿入したのだった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


娘夫婦の元へ久方振りに現れた義母は今日も変わらず妖艶だった。最近夜の営みが女房とご無沙汰な旦那は無意識に義母の下着で自慰を行っていると…。「義母の甦るオンナの匂い。ぼくは…ごめん女房、この色香に我慢できない…」


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


久しぶりに義母が我が家に遊びに来るというので、その前にと妻に行為を誘ったが、いつものように断られた。ここ数ヶ月レスが続き私の欲求は爆発しそうだった。そして義母が遊びに来た。前から綺麗な人だと思っていたが、相変わらず美しく私は見惚れてしまった。その日の夜、酔った妻に興奮ししようとしたが拒否られ不貞腐れた私は洗濯カゴにあった義母の下着で自慰をしてしまい、義母に見つかってしまった。何とか誤魔化そうと妻と営みがない事をいうと、義母は少し困った顔をしたが、今日だけだからと私の股間へそっと手を差し伸べた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


ある夏の暑い日。嫁の実家に訪れた旦那が、そこで美しい義母と出会う。一緒に過ごしていくうちに、徐々に旦那は義母の熟した身体に悶々とし始める。そして、墓参りの日。嫁が先に出かけ、義母と二人っきりになった瞬間から、旦那と義母とが、ついに一つになった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


東京観光をする為、娘宅に宿泊することにした母。娘の幼なじみの結婚と妊娠の話をした所、娘の顔が曇り、席を外してしまった。娘婿によると夫婦仲は良いが、夜の方が無いとの事。色々と心配になったが、夫婦の事なのでと、心にしまった。お風呂上りに娘の部屋を開けると、婿が彼女の下着で自慰をしている場面を目撃してしまう。突然の事に慌てる婿、娘としていないのだから溜まっているのだろうと可哀相になってしまい、婿を口淫でイカせてしまう。深夜、先ほどの婿にした行為を思い出しながら悶々としていると、突然婿が抱きついてきた。婿の勢いに押され、嫌がりながらも体を開いてしまう。婿の激しい行為は、オンナを目覚めさせ、久しぶりの快楽に酔いしれるのであった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


待望の赤ちゃん誕生。僕は今まで以上に頑張るぞと気合を入れて働いている。同居の義母も何かと助けてくれて、家族4人仲良く暮らしていた。だが、僕の性欲は溜まるばかり。なぜなら妻とはセックスレスになってしまったから。確かに赤ちゃんがいてはと思いもするが…今日もさっさと寝てしまった。僕は少し落ち込んでしまいリビングで座っていると、義母が声をかけてきた。僕は恥ずかしいとは思いつつ妻とレスだと義母に伝えた。変なこと言ってゴメンなさいと義母に伝え寝室に戻ろうとしたが、なんと義母がもし私で良ければスッキリしてとキスしてきた。僕は義母の手と口であっという間に発射してしまった。しかしこの義母の優しさのせいで欲求が爆発してしまった僕は、義母が寝るのを待って夜這いをすることにした。すやすや寝る義母の布団をそっとめくり、豊満な体を弄ってゆく。おっぱいを吸い、下着に手を忍ばせる。やがてクチャクチャと音を立て淫臭が漂ってくる。目を覚ました義母をキスで塞ぎ下半身を激しく愛撫すると、ピクンと体を仰け反らせた。義母は抵抗するのをやめ、僕の愛撫を受け入れると、自ら体を開いた。久しぶりだからと言う義母へ僕は硬くなったアソコをゆっくりと埋めた…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


純朴なる青年ケンイチは、先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親「まや」さんの熟れた色香にドギマギし続けていた…。朝の光景、むっちりとした尻肉隆起を浮かび上がらせるお義母さんの拭き掃除姿。思わずボーッと見とれていると、女房に早く朝ご飯食べてと急かされた。義母の滞在予定は三泊四日だった。ドキドキハァハァの同居生活。ケンイチの下半身はいつしか、もはや制御不能なほどにいきり勃っていた。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


義母『清乃』さんと同居するようになって1年。妻と義母が甲斐甲斐しくお世話をしてくれ、楽しく暮らせていた。ただ、妻とはセックスレス…久しぶりにと誘ってみたが断られてしまった。悶々としながらリビングにいると、清乃さんがどうしたの?と聞いてきた。悩みがあるなら聞くという義母に、ついセックスレスの事を話してしまった。気まずくなった僕は席を立とうとした。が、義母清乃さんから腕を掴まれ、妻の事を謝罪してくれた。そして今回だけ特別と言うと、僕にキスをしてきた。義母のキスはイヤらしく、堪らなく興奮した。義母のねちっこく絡みつくフェラに、我慢できず出してしまった。少し恥ずかしそうに微笑む義母の姿は熟女とは思えない可愛さを感じた。その日から僕は義母とSEXする事しか考えられなくなった。義母の事を考えて寝れない夜、僕は夜這いを決行する。義母の部屋の前、かすかに聞こえる吐息、そこには一人慰める義母がいた。堪らず義母を抱きしめると、義母に熱く滾った股間を押し付けた。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


夫も亡くなり一人田舎で暮らしていた佳子は、娘夫婦から念願だった戸建てを購入したと聞き、お祝いがてら旅行気分で上京してきた。久し振りに会った娘夫婦は元気そうで、長旅の佳子を労ってくれた。中古だというがなかなかの新居に気を良くした佳子は娘に次は赤ちゃんねと言うと、娘は急に不機嫌になり部屋から出て行ってしまった。婿が言うには娘はアッチの方が嫌いで暫くセックスレスになっていると。求めても応えてくれないと。それを聞き気まずくなった佳子と婿はお互い謝ってしまっていた。次の日、佳子は荷物を取りに娘夫婦の寝室を不用意に開けると、婿がオナニーの真っ最中。慌てて出ようとするが、昨日の話を思い出し、一人で処理をする婿が可哀想になってしまった。そして今日だけ特別だからと手と口で気持ち良くしていった。その日の夜。みんなが寝静まった頃、婿は静かに起き出すと佳子の寝室へ向かった。セックスレスで禁欲の続いていた婿はフェラだけで満足できる筈もなく、させてくれない妻より、優しい佳子の方がいいとばかりに夜這いをかけるのであった…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


久しぶりに妻の実家へと帰省した僕たち夫婦。義父母は快く迎え入れてくれた。団欒中、義父がそろそろ孫が見たいと言い始めると、妻は急に不機嫌になり席を立ってしまった。困惑する義父母へ妻が夜の生活を拒否している事、誘ってもダメな事を伝えた。義父母の落胆ぶりに申し訳ない気持ちになってしまった。深夜トイレへと起きた僕は義父母の寝室前で漏れる明かりに立ち止まった。そっと覗くと義父母が営んでいる最中。あっと思ったが性に飢えている僕は目が離せなかった。いざ義父母合体と言うところで義父が萎えてしまったらしく義母は少し切ない表情で床へついた。僕は勃起が収まらず、一人リビングで扱いていると、義母がやってきた。慌てて隠す僕に、待ってと言い、娘がしていないから溜まってしまうでしょ?私でよければと言い、僕の息子を扱き始めた。久しぶりに触られた事もありすぐに昂ぶるが、義母の手淫口淫は発射を許さないかのようにねっとりと巧みで、僕が爆発寸前最高潮に高まった瞬間、口で受け止めてくれた…。次の日、義父と妻は近所の居酒屋へと出かけていた。義母と二人微妙な空気が流れるが、そそくさと席を立ち義母は自室へと向かっていった。すっかり夜も更けていったが義父達は戻ってこない。僕は意を決し義母の寝室へと向かった。寝息を立てる義母の布団をそっとめくり、愛撫してゆく。やがてくちゅくちゅと音を立て始めた義母の恥部。はっと目を覚まし驚く義母。僕は我慢が出来なくなり、半ば襲うように義母へと挿入した…。


DUGA作品ページはこちら

作品紹介


暮れ。嫁の里帰りに同行した旦那・マスオは久しぶりに見る義母・ゆりかの熟れた肢体に目を奪われる。義父が亡くなって再婚をしないままの義母。帰省疲れで、そのままコタツで寝てしまったマスオ。そのまま翌朝となり、義母と二人きりの朝食。美味しそうにソーセージを頬張るゆりかの口元に興奮した旦那。美しくも優しい女房の母にドキドキし始めてしまっているマスオが、嫁の居ない隙に…

-傑作シリーズ三昧
-, , ,

© 2022 a beautiful human life