アダルトコラム

出張時の楽しみ デリヘル

以前、蒲田のホテヘルによく通った記事は書かせて頂きました。

1990年代は、足繁く蒲田の風俗に通っていましたが、そんな私も2000年になってまもなく、東京から名古屋に転勤しました。

もちろん、転勤した後も、2000年以降も風俗にはいつもお世話になっていました。

そんな2000年から2010年ぐらいまでの十年間の風俗ライフの第二最盛期をご紹介します。

名古屋の風俗

転勤先の名古屋では、オフィスが名古屋駅から歩いて10分ぐらいの場所にありました。

住まいは名古屋駅から地下鉄で20分ぐらいの場所に住んでいました。

名古屋でお世話になった風俗は店舗型ヘルスでした。

特にお世話になったのが納屋橋にある店舗型ヘルスで、早朝から営業しているところも多くあり、会社へはフレックスで10時出社で、まず朝からヘルスに行き、抜いて頂いてから出社することもよくありました。

納屋橋の店舗型ヘルスは、お気に入りのキャストさんができ、蒲田の時にはなかったのですが、本指名で何度も通わせて頂きました。

少しぽっちゃりした笑顔が可愛い童顔の方でした。

プレイは普通のヘルスのプレイでしたが、慣れない転勤先の新しい地で癒されたものでした。

そのおかげで仕事も辛いこともありましたが、頑張ってやれていたのだと思います。

しかしながら、なぜだかわかりませんが、あまり名古屋では回数からすルト、風俗に行く回数は少ない方でした。月に1回行くか、行かないかのレベルでした。

なぜでしょうか?

それはもう一つの風俗の場所がありました。

名古屋転勤でも札幌への出張がマスト

名古屋へ転勤してから、札幌への出張が増えました。

なぜかは分かりませんが、札幌の顧客の担当が名古屋支店であったこともあり、コロナ全盛の昨今では考えられませんが、1時間打合せするだけでも、わざわざ飛行機に乗って札幌に行きました。

その当時にはZOOMもありません。リモート会議などという概念も一切ありませんでした。

無理にでも打合せの時間を作って札幌に出張に行きました。

札幌への出張は唯一旅気分というか、飛行機に乗って新千歳空港に降り立った後の、なんとも言えない良い気分の感覚は今でも忘れません。

名古屋に転勤になって良かったなと思えた一つでした。

新千歳空港に降りて外に出ると、冬は凍てつくような寒さ、夏は本州とは違う爽やかな空気を感じたものでした。

新千歳空港から札幌市内に移動しないといけませんが、私は地下まで下りてJR、もしくは地上からバス、それも札幌行きではなく、空いている大谷地バスターミナル行きに乗って、大谷地から地下鉄で札幌に向かいました。

札幌へ出張へ行くときは、無理矢理にでも二日間の予定を入れました。

なぜか、それは泊まりたいからですね。

どうしても予定が合わず日帰りということもありましたが、基本は一泊二日、大きな仕事が入って、立ち合いが必要な時は二泊、三泊の連泊もありました。

だいたい泊まるホテルは札幌駅の全日空ホテルに宿泊することが多く、予約取れない時はプリンスなど、ビジネスホテルよりグレードの高いホテルに泊まることが多かったです。

今では考えられないことですが、出張の宿泊代も実費ではなく一律1万5千円とかで、特に経費削減が厳しくない時で、さらにホテルもあまり高額でなく予約がとれていた時代でした。

札幌での夜の楽しみ 食事

北海道といえば、まず楽しみと言ったら食事です。

海産物、ラーメン、寿司などよく行きましたが、私が好んでよく行ったのが、炭やというホルモン焼肉店さんでした。

それも狸小路にある炭やで、たらふく食べて、飲んだのが懐かしい思い出です。

ここ10年以上札幌には行っておりませんが、狸小路にある炭やさんも閉店しまったようですが寂しい限りです。

また、食べる以外にもキャバクラ、スナックと飲みにもよく行きました。

居酒屋、スナックもしくはキャバクラ、その後ラーメンといった、食べ過ぎ、飲み過ぎコースもよく行きました。

また行きつけのスナックもあり、確かすすきのサイバーシティビルのスナックで、お店の子と同伴、アフターもよく行きました。

楽しかった思い出です。

札幌での夜の楽しみ 風俗

札幌ではよく飲み食いしていたので、なかなか店舗型の風俗に行くことがありませんでした。

飲んで、食べてからはなかなか、行く機会もなく、スナックでも同伴、アフターを頻繁にしていたので、風俗には行きませんでした。

そんな時に転機があったのは、仲良くさせてもらっていたスナックの子がお店を辞めてしまったこと、一緒にスナックに通っていた札幌の支店の同じ会社のものが転勤となってしましったこと。

そんな中で、飲んで、食べるはしましたが、その後の時間が空いてしまいました。

ホテルに戻っても、少し手持ちぶたさがあり、今まで札幌では思いつかなかったのですが、デリヘルを呼んでみようかと思いました。

2000年以降になると、携帯電話も持っていましたし、ある程度風俗情報の検索も出来ました。また出張時にノートPCも持参していましたし、有線LANの環境もあったので、インターネットで風俗情報を検索してデリヘルを利用させて頂きました。

札幌でのデリヘルは非常に良かった思い出が多いです。

高級店と呼ばれているデリヘルも使わせて頂きました。名前は確かEセレクションで、今はもう営業していないようです。

スナックへ通うことがなくった後は、札幌へ出張に行く時は必ずデリヘルを利用させて頂いておりました。

そんな札幌 出張時のデリヘル生活、名古屋支店から異動してまた東京に戻る2010年ぐらいまでは出張に行くたび(多くて月1、少なくて2〜3ヶ月に1回)利用させて頂く生活が続きました。

名古屋、札幌出張での風俗、これが私の風俗第二盛期です。

-アダルトコラム
-, , ,

© 2021 a beautiful human life